HOME > 書籍のご案内 : 歴史・伝説

昔の暮らしと村の文化

 - 丹後の話題150 -
著者: 鬼塚 史朗
判型: A5判
頁数: 342頁
価格: 1,890円(本体1,800円)
ISBN: 4900783412

著者は5歳から18歳までを京都府北部の漁業を生業とする小さな町「伊根町」で過ごした。もっとも多感な時代をこの地で過ごしたことが、本書が生まれる源ではないだろうか。


本書は題名のごとく「昔の暮らしと今の暮らし」、「村の文化と町の文化」というように、“昔と今”、“村と町”を対比しながら書き進められていて、非常に興味深く、また懐かしく読み進むことができる。