HOME > 書籍のご案内 : 歴史・伝説

善左ヱ門柿は消えた-うずもれた丹後の歴史-

著者: 小川 眞
判型: B6判
頁数: 250頁
価格: 1575円(本体1500円)
ISBN: 4900783439

著者は小学二年の春、京都から父親の生まれ故郷である舞鶴(当時は加佐郡八雲村中山)に疎開。疎開先で次々と起こる「祟(たた)り」とも言えるような不思議な出来事に遭遇する。前半は、そこでの体験や言い伝えなどをもとに興味深く疎開の地・舞鶴を描く。また後半では、多くの地方史・文献をもとに「うずもれた丹後の歴史」として、敗者に照準をあてた歴史検証を試みるなど、ユニークな作品である。