HOME > 書籍のご案内 : 歴史・伝説

細川時代の宮津

 - 中嶋利雄講演集 -
著者: 中嶋 利雄
判型: AB判
頁数: 108頁
価格: 1,365円(本体1,300円)
ISBN: 4900783129C

戦国時代、丹後・宮津城には細川藤孝(幽斎)・忠興がいた。ひとときの平和の間隙をぬって諸大名を集めての「能」や「歌会」が開かれていた。その当時の能番付や、歌会の短冊が遺されている。
本能寺で織田信長は、明智光秀に討たれるが、宮津城にいた忠興の妻・玉(後に細川ガラシャ)は『逆臣の娘』としての立場に。やがて玉は、丹後の奥まった集落『味土野』に幽閉される。郷土史の権威である中嶋利雄氏がわかりやすく講演したものを収録。