HOME > 書籍のご案内 : 民話・絵本

新兵衛じぞう

著者: 【原案】安田正明、安田千恵子/【文・絵】津田櫓冬
判型: A4変形判
頁数: 40頁
価格: 1,680円(本体1,600円)
ISBN: 9784900783454

「新兵衛じぞう」は全国学校図書館協議会選定図書になりました
京都府京丹後市大宮町の平智峠にそびえ立つお地蔵さんは、高さ約5メートル(台座を除いた本体は3.5メートル)。
「平智地蔵さん」として親しまれていますが、文政一揆で首謀者として打首となり、35歳でこの世を去った吉田新兵衛を悼んで建てられました。


電話も自動車も無い時代、丹後地方はもとより、広く関西一円から7万5千人の浄財を集めて、巨大な地蔵を建立した当時の民衆の勇気と智恵を、津田櫓冬氏の美しい絵と文章で今に伝えます。



津田櫓冬氏 プロフィール
1939年京都府京丹後市久美浜町生まれ。東京芸術大学卒業。絵本作家・画家。
自然環境・教育・歴史に関心が深く、地域文化の再生にも尽力している。
絵本に「尾瀬」(共著)、「狼森(おいのもり)と笊森、盗森」(宮沢賢治著)、「トビウオのぼうやはびょうきです」(いぬいとみこ著) など多数。
挿絵に「ニムオロ原野の片隅から」、「ミズバショウの花いつまでも」(毎日出版文化賞)、少年長編叙事詩「ハテルマシキナ」、古典童話シリーズ「クオ・ヴァディス(上・下)」など。
日中児童文学美術交流センター理事。