費用がかかるが葬儀業者は安心かつ利便性が高い

家族に不幸があり、葬儀を人生の中で初めて出すという人は世の中に多くいます。しかし、初心者だからこ、わからないままに間違った決断をしてしまうケースもあります。たとえば、葬儀業者を利用しないほうが費用もかからず、リーズナブルに故人を見送ることができるのではないかと考えてしまうケースです。たしかに業者を利用すれば、いくら葬儀とはいっても先方は仕事として取り組むわけですから、すべての作業には費用がかかります。

そして、葬儀をできるだけお金をかけずに行いたいと考える人の中には、自分ですべての作業をしたほうが安くなると考えてしまうケースもあります。葬儀の中でも最も安くなると言われるのが、直葬と呼ばれる形で病院や自宅から直接火葬場に向かう形があります。この場合、葬儀会場などの利用料もありませんし、通夜振る舞いなどもないためにコストはほとんどかかりません。火葬してもらうためにはそれぞれの自治体に費用を払いますが、それ以外のお金はほとんどかからないため、たしかに安く葬儀を済ませられることになります。

しかし、これをすべて自分で行うことができるかといえば、それは微妙です。そもそも火葬場を予約したり、火葬場までの寝台車の手配や故人が入る棺の手配、火葬後の骨壺なども用意しなければなりません。これらの品々はさすがに街中のお店で売っているものではありません。そのため、自分で用意しようにも手に入れる術がないのです。また、結局は複雑な手続きなどを自分で行えば、時間と手間がかかり、業者に依頼したほうが簡単だったという話になりがちです。

今は直葬を請け負ってくれる葬儀業者もたくさんありますので、リーズナブルに行いたいからと言って自分たちだけですべてを済ませようとするのはやめておきましょう。葬儀業者はあらゆる形の葬儀に対応してくれますし、そのノウハウをもっています。何よりもすべての物事をきちんと遂行してくれるため、故人を見送るという意味から言えばとてもありがたい存在なのです。